クレジットカード枠でのお金を借りる

もともとお金に多少困っていてクレジットカード枠でのお金を借りようと思ったのがきっかけです。

お金を銀行や消費者金融で借りることは後々のことを考えたり、借りれる額のことを考えると絶対にそちらのほうがよいのでしょうが、いきなり必要になったときとかのことを考えるとクレジットカードを1枚か2枚持っていたほうが便利ではないかと思いました。

クレジットカードを持つよりも銀行系のカードローンということも考えましたが、やはり特にこれだけのまとまった額が今、欲しいというわけでもなく、それならもしちょっと必要なら手軽に利用できて、手軽に返すこともできるクレジットカードのほうにしようと考えました。そういうことでクレジットカードのサイトを見ていき、このサイトを参考にしようと決めました。

年利

クレジットカードでお金を借りた時は確かに年利は高く、リボ払いで払う場合には他の銀行系のカードローンで借りるよりも年利がかなり高くなってしまいます。

そこで私が必要だったクレジットカードの情報はまずは借りたあとに一括で返す場合に、リボ手数料がかからず、年会費無料ということと高還元率のメリットだけを享受することも可能なカードはどれかということでした。そしてこのサイトは私の必要なその情報を教えてくれました。

例えば、自分でクレジットカードを選ぶとしたときに、ここまでの情報があるのかというとまずありません。選べたとしてもせいぜい、5種類くらいでしょうか。しかしインターネット上のサイトでクレジットカードを選ぶ際に、サイトをまず検索してみると数多くのサイトがヒットします。

そしてその数多くあるサイトの中から自分に必要な情報のあるサイトを選ぶと、そこには自分が望んでいた情報がたくさんあるのです。

実際、私はこのクレジットカードおすすめ比較を参照することによって必要な情報のほとんどを得ることができました。

クレジットカードを使用しリボ払いにした場合の手数料および特典

実際にそのサイトから得た情報でクレジットカードをつくりました。そのサイトを利用せずにもしクレジットカードを選んでいたとしたら、今、私が持っているクレジットカードほどの利便性はなかったと思います。確かに、クレジットカードによってそこまでの差はないようには思います。

しかしやはり長い間使っているとその差は開いてきます。

今はサイトで選んだものとサイトで選ばなければ選んでたであろうものにそこまでの差はありません。しかし1年、2年と使っていって、さらに10年使用した後になるとその差はかなりのものに名ryはずです。

私はリボ払いの場合における手数料(年利)もそうですし、リボ払いでショッピングをしたとき、お金を借りた時の優遇される特典等の成果・結果を得ることができました。その成果・結果は私のクレジットカードをつくる上での重視した点ですのでその点をカバーしていて、さらにその点で優れているカードを教えてくれたこのサイトには感謝しています。

これからもクレジットカードをつくるような場面・時期が来るかもしれませんがその時はまた、その時に必要な情報をたくさん教えてくれるサイトを見つけて利用したいと思います。

2015年02月02日